骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»和楽器 鼓 尺八 三味線

買取実績紹介

和楽器 鼓 尺八 三味線

品名

象牙津山撥

 




こちらのお写真のお品物は三味線の撥で象牙で出来た津山撥です。
文化年間に大坂の津山検校が開発した三味線の撥でやや大型で厚みがあり、撥先が薄くなっているのが特徴です。
地歌や筝曲(そうきょく)に使用される事が多く、山田流の地歌系の曲にも使用されています。

尺八 泉州尺八工房

 



今回お買取致しましたのは、多くの尺八演奏家が愛用する名器生み出す工房として知られる泉州尺八工房の尺八です。

いわの美術では、流派を問わず、尺八の買取も積極的に行っています。

長胴太鼓

 



和楽器の買取を行ういわの美術が今回お買取したのは、長胴太鼓です。

長胴太鼓は、宮太鼓とも呼ばれ、お祭りや伝統芸能、スポーツの応援団などに幅広く使われ、最も身近な和太鼓のひとつです。

 

井上昌山 尺八

 



今回お買取した作品は、和楽器の尺八です。お買取したのは、昌山銘のある井上尺八工房の尺八で、中継ぎ輪が銀三線藤巻のお品です。

津山撥 鼈甲

 



今回お買取致しましたのは、三味線の津山撥で、撥先は鼈甲になっています。津山撥は、通常の撥よりもやや大型で重みがあり、撥先が薄いのが特徴です。

 

象牙撥




こちらのお写真は、三味線で使われる象牙の撥です。今回お買取の象牙撥は、全部が象牙の丸撥でなく、手元の一部に別の象牙を接いであるものハギ撥とよばれるものです。

いわの美術では、和楽器の買取実績も年間多数を誇っています。


三味線




中棹の三味線の買取を致しました。今回お買取の三味線は、紫檀の素材で子持綾杉彫のお品物です。糸巻きや専用ケースなどの付属品とともに買取させていただきました。

三味線などの和楽器買取もいわの美術にお任せください。


締太鼓




こちらの写真のお品物は、以前買取しました締太鼓です。

蒔絵が施されており、撥と台座、専用ケース付でお譲りいただきました。いわの美術では、和太鼓をはじめ、三味線や尺八、琴など和楽器の買取も行っております。


作家名 昌山銘
品名 尺八



お写真のお品物は日本の伝統的な木管楽器である尺八です。
標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることが尺八の名前の由来となっております。
海外では竹を素材にしている事から「Bamboo Flute」とも呼ばれており、日本名の「shakuhachi」と呼ばれる事もございます。
こちらの尺八は100年以上の歴史を持つ井上尺八工房で制作された尺八で、工房のオリジナルの銀石目輪の中継ぎと昌山銘がある事で判断する事ができます。
いわの美術では尺八を含め、和楽器の買取を行っております。

 
品名 三線




お写真のお品物は三線で、三線は沖縄地方をはじめとする琉球文化を代表する楽器で、三味線の元になった楽器と言われています。
三味線との大きな違いは、蛇皮を張っており、とても明るい音階で、水牛の角を爪にはめて演奏し、三味線にはあるさわりという音を響かせなくする構造が無いのが特徴です。
いわの美術では、三線、三味線などの日本特有の楽器の買取も行っております。

お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2019 Iwano Art. All Rights Reserved.