骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»古陶磁器 伊万里 李朝

買取実績紹介

古陶磁器 伊万里 李朝


品名

初期伊万里「染付丸文小皿」


 



伊万里焼は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に朝鮮から多くの陶工を連行したのが始まりとされています。
伊万里焼という名称は、佐賀県有田町を中心に生産されている磁器の総称で、初期伊万里、古九谷様式、初期色絵、柿右衛門様式、古伊万里など歴史と共に呼び名や様式が変化しています。
その伊万里焼の中でも初期伊万里は、江戸時代初期に作られたとされています。

作家名

九谷庄三

作品名

庄三高砂図平鉢一対

 




こちらのお写真のお品物は、江戸時代後期〜明治時代に活躍した陶画工として知られる九谷庄三の工房で造られた作品です。
贋作の多い九谷庄三関連の作品は取引をする際、注意が必要なお品物です。


いわの美術では骨董品を中心に、絵画、美術品、茶道具などの買取を日本全国で行っています。

作家名 李朝黒高麗徳利
作品名 池西剛



お写真のお品物は李朝黒高麗徳利で、作者は池西剛という愛媛県に窯を構え、作陶を続ける陶芸家の作品です。
池西剛は信楽焼、備前焼、高麗茶碗、黄瀬戸、瀬戸黒、黒高麗、唐津、白磁など多岐にわたって手掛けており、非常に多くの作品を制作してきました。
日本以外にも中国や朝鮮の陶磁を学んでおり、今回お買取りした作品は李朝黒高麗徳利という高麗時代に作られていた焼物を再現したものです。
黒々として光沢が抑えられているのが黒高麗の特徴で、水につけると烏の濡れ羽色と呼ばれるほど黒が一層引き立ちます。

 
古伊万里
蕎麦猪口




お写真のお品物は古伊万里の蕎麦猪口で、銘には渦角福が使われていました。
古伊万里と呼ばれる焼物は有田地方を中心とし、肥前国の時代に生産されていた磁器の総称です。
元は中国の模倣に始まった焼物でしたが日本独自の発展を遂げ、世界中へ輸出された焼物でした。
いわの美術では古伊万里を含め骨董的価値の高い焼物の買取を行っております。

古九谷焼 大皿




お写真のお品物は古九谷焼の大皿です。
大きさは直径64cmあり、経年の劣化や傷は見られましたが、七福神の一人福禄寿の姿も描かれ、飾って楽しむ事のできる素晴らしいお品物でした。

古九谷焼は高価買取が期待できるお品物の1つですが、偽物や複製品が多く出回っているため、専門の知識を必要とします。
古九谷焼の査定・鑑定・買取なら、いわの美術にお任せ下さい。

 李朝磁器 李朝鶏龍山壺
 鶏龍山
s-0920k-1.jpg   



李氏朝鮮時代の鶏龍山で焼かれた壺です。
ご自身で集められた古陶器コレクション、売却しませんか?

 馬上杯 李朝白磁茶碗
 
  s-0919k-1.jpg  



李朝陶磁の馬上杯になります。美しい白磁の杯です。李朝と一言にいっても陶器や家具、様々なお品物がございます。
李朝には洗練されたデザインの物が多く、幅広い層に人気です。

 角福
 酒井田柿右衛
s-0065-1.jpg   



古い時代の酒井田柿右衛門の角福の陶印のある鉢です。柿右衛門さんは江戸時代から続く日本を代表する窯です。
世界で愛されている陶器メーカー、マイセンでも柿右衛門様式のシリーズがあり、アジアで人気があります。

 伊万里焼 竹虎図長方皿
 
s-0027-1.jpg   



ちょっと脱力系なトラの図柄の角皿です。
昔の絵付けにはひょうきんな動物が多く描かれています。
絵付師が実際に見たことの無い生き物を描いた際に不思議な生き物になる場合がございます。
参考URL  
 李朝カラクリ箪笥
 
   020-1.jpg



李朝家具、李朝陶磁器を高価買取しています。李朝でも人気のあるデザインと、扱いづらいデザインがございます。


参考URL  
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2019 Iwano Art. All Rights Reserved.