骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»和楽器 鼓 尺八 三味線»笙 和楽器

買取実績紹介

笙 和楽器

詳細をご紹介

s-syo-1.jpg
 

奈良時代に雅楽器と共に
日本に伝わってきました。
雅楽器で笙は、
形を翼を立てて休んでいる鳳凰に
見立てられ、
笙(ほうしょう)と呼ばれています。
  s-syo-2.jpg  
 
匏(ふくべ)という部分の上に17本の
細い竹管を円形に配置し、
竹管に空いた指穴を押さえて、
匏の横側についている吹口から
息を吐いたり吸ったりして、
17本のうち15本の
の下部についている
金属製の簧(した(リード))を
振動させることにより、
パイプオルガンのリード管と同原理で、
音を共鳴させて発音します。
s-syo-3.jpg  

 
笙は吸っても、吹いても
音がします。
さらにその音は同じ場所音階であれば、
吸っても、吹いても同じ音をだせ
他の吹奏楽器のよう
息継ぎがいりません。
そのため同じ音をずっと
鳴らし続ける事が可能です。
ただし呼吸を替える時、瞬間的に音量が
低下します。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.