骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»きもの 着物 和服 小物»南部茜染反物 草紫堂

買取実績紹介

南部茜染反物 草紫堂

詳細をご紹介

s-0031-2.jpg



南部茜・・・

岩手県で作られてきた。

紫根染めと合わせて「南部絞」とも呼ばれる。

江戸時代に東北の南部家により

茜染めが推奨され、

朝廷や幕府の献上物として特産物になった。

 

   s-0031-3.jpg


アカネ科の蔓性多年草の根から

赤い染料を抽出します。

赤を染める染料としては

日本最古のものだと思われ、

3世紀には茜染めが行われていた。

飛鳥、奈良時代には茜染めが盛んで

「緋の時代」と呼ばれるほどであった。

現在は国産の茜が貴重となってはいますが、

南部地方では今でも茜を使って、

絞り染めを行っているところがある。

s-0031-4.jpg
 

 

 


浴衣生地やウールの反物の買取は難しいですが、
正絹・絹100パーセントの反物や綿の反物の買取いたします。

色合いや柄によっても査定が変わります。 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.