骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»絵画»常岡幹彦 日本画「暁(法隆寺の塔)」

買取実績紹介

常岡幹彦 日本画「暁(法隆寺の塔)」

常岡幹彦の日本画お買取しました


今回、いわの美術がお買取したお品は常岡幹彦の肉筆作品で「暁(法隆寺の塔)」というタイトルの風景画です。

常岡幹彦は、兵庫県丹波市出身で、日本画家として中央画壇で活躍した常岡文亀を父に持つという環境で育ち、東京芸大日本画科卒業しました。在学中は山本丘人、卒業後は山口蓬春、加藤栄三に師事し、日展などで幾度となく入選を果たしますが、のちには団体での活躍を離れ、新境地を求めて独自の活動を続けました。


常岡幹彦は長年墨を主体に、万物の根源としての道でもある「玄」の世界を描き続けてきました。日本画の伝統を踏まえながら、奥行きのある空間の中に、独自の画境を展開し、日本各地の自然風景を中心に四季の移り変わりをモチーフにした色鮮やかな作品を制作しました。

今回お買取した常岡幹彦の日本画は、タイトルに「暁(法隆寺の塔)」とあるように、明け方の おごそかな雰囲気にある法隆寺の塔が遠目に描かれています。

お買取した夜明けの法隆寺の塔の風景画は、常岡幹彦の描き続けた「玄」の世界を表現したともいえる高貴で神秘的な作品です。 買取査定時には、画面右下に常岡幹彦のサインと印、額裏に落款付の共シールが確認できました。




日本画買取ます



いわの美術では、日本の伝統絵画である「日本画」の買取を致しております。

今日一般に使われている「日本画」という呼称は、明治以降に、西洋から伝えられた洋画と区別するために生まれました。

「日本画」といういい方が一般的に使われるようになったのは、明治20年代〜30年代にかけてと言われており、洋画の存在がなかったそれ以前には、「日本画」という概念はなく、狩野派、円山派、やまと絵など伝統絵画として各流派に別れていました。明治に入り西洋文化が流入し、美術団体が生まれるなどし、展覧会なども多く開かれ、西洋画の影響も受けながら、現在の日本画は形成・発展してきました。

繊細なタッチで日本人の美意識を表現した「日本画」は、私たちの心を惹きつけて止みません。


美術品買取を多く行ういわの美術では、日本画の買取実績も豊富です。横山大観、平山郁夫、伊東深水、上村松園、中島千波など、近代・現代の日本画家の作品をお買取致します。肉筆作品の場合などは、額裏等に貼付されている共シールがあれば、買取評価にプラスに働きます。無料買取査定、宅配・出張買取にも対応しておりますので、ご売却予定の日本画がございましたら、まずはお気軽にご相談くださいませ。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.