骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»近代作家 工芸品»小橋川清正 赤絵魚紋皿

買取実績紹介

小橋川清正 赤絵魚紋皿

小橋川清正の赤絵魚紋皿買取ました



今回買取させていただきましたのは、お写真の小橋川清正の壺屋焼の皿です。サイズは直径26センチほどで、作品裏面には小橋川清正の「清正」というサインも彫られています。


買取させていただいた小橋川清正の壺屋焼の作品は、壺屋焼伝統の赤絵の魚紋の皿で、小橋川作品独自の赤絵の渋味と、ざっくりと彫り込んだ魚紋の味わいが感じられます。

赤絵に線彫りで魚柄が描かれたダイナミズムにあふれた作品です。

壺屋焼の伝統の赤絵は、赤い釉薬は高温では黒く飛んでしまうため、まず高温で焼いた後に、低温で二度焼きされています。

薪の少ない沖縄では、昔は琉球王朝貴族だけが使用できる高級な器とされていたそうです。


今回買取の小橋川清正の赤絵魚紋の作品は、渋みのある赤の発色も良く、色合いは温かみを感じさせます。

また魚の姿も重厚で、華美すぎることもなく、飽きのこない仕上がりとなっています。

小橋川清正の陶器は、赤絵と魚の文様に特徴があり、渋く重みのある赤い陶器の独自色彩感覚を持つその作品は、人々を魅了しています。

沖縄に旅行された時のお土産等で頂いた小橋川清正の作品をお持ちではありませんか?いわの美術では、小橋川清正の赤絵魚紋の作品などの買取を行っています。


 


小橋川清正の作品買取ります




小橋川清正は、沖縄の赤絵の名工として知られますが、その赤絵の中に魚紋を彫りこんでいく手法により生み出された器は、手に取るだけで温かさが伝わるようです。

小橋川清正の作品は、線彫りの魚柄が特徴で、独特の重厚感ある色合いが通に好まれる作風となっています。

小橋川清正は、平成12年の九州沖縄サミットで、練り込み皿を製作した実績も持っています。

小橋川清正は、現在は制作を行っておらず、息子の小橋川卓史が父 小橋川清正に師事、沖縄の壷屋やちむん通りという壺屋焼の街に陶器工房を復興しました。小橋川卓史は、東大寺の法会に銘々皿を奉納もするなど、実力派陶工として活躍しています。


小橋川清正の作品をお持ちでしたら、ご売却してみませんか?

いわの美術では、電話での対応のほか、便利なメール査定も行っています。メール査定では、ご売却を検討中の作品やお品物のお写真を予めいただくことにより、専門の査定スタッフが、折り返しおおよその買取査定額をご案内させていただくことができます。ご売却・買取がスムーズに運ぶということで、お客様からもご好評をいただいております。

小橋川清正の作品の買取査定は、是非便利なメール査定をご利用くださいませ。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.