骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»書道具»金蒔絵文箱 

買取実績紹介

金蒔絵文箱 

詳細をご紹介

s-hoku1022-img600x450-1351758418ef25s443722.jpg
 
文箱は
「ふばこ」と読みます。
古くは書籍などを入れて担い運ぶ箱の
事を指していましたが、
中世に入り、
書状などを入る箱を
指すようになりました。

s-hoku1022-img600x450-1351758418wxwg2643722.jpg   
 
このような
美しい金蒔絵などが施されるように
なったのはごく最近で、
江戸時代だと言われています。
これは美しい飾りを文箱に入れ、
嫁入り調度品として扱われるようになったのです。

s-hoku1022-img600x450-1351758419fuky1q43722.jpg  

こちらの文箱は漆器で出来ています。
漆器製品は
高温、乾燥、日光にとても弱く、
高温になる場所に放置しておくと変色。
乾燥しすぎるとゆがんだりヒビが入ったりします。
直射日光に照らされると、
太陽の紫外線により塗膜を付けられ舞

ただこの3つを気を付ければ大丈夫です。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2020 Iwano Art. All Rights Reserved.