骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»勝城蒼鳳 かつしろ そうほう

作家紹介

勝城蒼鳳 かつしろ そうほう

肩書きなど 本名は勝城一二(かつしろいちじ)
人間国宝、紫綬褒章
 紹介文

栃木県で生まれた竹工芸家です。
竹工芸で人間国宝に認定されている作家です。
農家の家に生まれ、家業を手伝う傍らで菊池義伊に竹細工の技術を学び、竹芸の道に入りました。
その後、八木澤啓造、斎藤文石の指導を受け、日用品を作っていた竹細工から芸術品として制作する竹工芸の道へと進んでいきます。
日本伝統工芸展などに出品するようになり、徐々にその高い技術力が評価されるようになりました。
竹の選定から素材の調整、編組、染色・拭漆仕上げ等にわたる幅広い竹工芸技法を修得し、膨らみの量感のある独創的な作品を作りだしました。

略歴

1934年 栃木県で生まれる
1949年 菊地義伊に師事する
1955年 独立する
1965年 八木澤啓造、斎藤文石に師事する
1967年 伝統工芸新作展で初入選となる
1968年 雅号・蒼鳳を名乗るようになる
      日本伝統工芸展で初入選をする
1971年 伝統工芸新作展で日本工芸会会長賞を

      受賞する
1972年 日本工芸会正会員となる
1975年 伝統工芸新作展で奨励賞を受賞する
1983年 日本伝統工芸展で東京都知事賞を受賞する
1985年 東京国立美術館の展覧会で招待出品する
1998年 紫綬褒章を受章する
2005年 人間国宝に認定される

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.