骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»鈴木信太郎 すずき しんたろう

作家紹介

鈴木信太郎 すずき しんたろう

肩書きなど 日本芸術院会員、文化功労者
 紹介文 東京都で生まれた洋画家です。
糸業を営む家に生まれ、跡取りとして育てられましたが、病気のため体が不自由になり、車いすや杖をついてでの生活を送る事になりました。
家業を継ぐ事ができなくなってしまったので、好きな絵画への道に進むことを決めます。
洋画を石井伯亭に学び、その後二科展で活躍するようになり、雑誌「三田文学」をはじめ下村湖人の「次郎物語」などの単行本小説の装丁・挿絵を数多く手掛け幅広く活動しました。
野間仁根らと一陽会を創立してからは同会を中心に活躍し、スケッチ旅行に出かけては日本各地の風景や花、人形などをモチーフに明るい色彩を用いた童心あふれる絵画も数多く制作しました。
略歴 1895年 東京都で生まれる
1910年 白馬会研究所で黒田清輝に師事する
      織物図案の仕事に従事する
1916年 文展で初入選する
1922年 二科展で初入選する
1926年 二科展で樗牛賞を受賞する
1936年 二科会会員となる
1950年 武蔵野美術大学教授をつとめる
1953年 多摩美術大学教授をつとめる
1955年 二科会を退会する
      一陽会を結成する
1960年 日本芸術院賞を受賞する
1969年 日本芸術院会員となる
1988年 文化功労者となる
1989年 5月13日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.