骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»藤田嗣治 ふじた つぐはる

作家紹介

藤田嗣治 ふじた つぐはる

肩書きなど 通称はレオナール・フジタ
サロン・ドートンヌ会員、サロン・デ・チュイルリー会員、ベルギー王立アカデミー会員、二科会会員、レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章、勲一等瑞宝章
 紹介文 東京都で生まれた洋画家です。
東京の医者の家に生まれましたが、幼い頃から絵を描くのが好きでした。
中学校を卒業する頃には、フランスへ画家として留学したいと思うようになります。
父親は医者になる事を望んでいましたが、何も言わずに画材を買うための資金を出してくれました。
東京美術学校に入学しますが、表面的な技法ばかりの授業をつまらなく感じ、あまり授業には参加しませんでした。
卒業後フランスへ渡り、画家として一歩を踏み出そうと日本からの仕送りを断った矢先、第一次世界大戦の煽りを受け絵がなかなか売れない日々が続きます。
終戦を迎えたのをきっかけに絵が売れるようになり、わずか3ヶ月で個展を開くまでになりました。
その後も戦争の影響で何度か帰国と渡仏を繰り返し、その間に戦争画の制作を余儀なくされるなど自分の意に反した作品制作に嫌気が差し、フランス国籍を取得し、日本に戻る事はありませんでした。
エコール・ド・パリの代表的な画家として活躍し、日本画の技法を油彩画に取り入れた独自の「乳白色の肌」と呼ばれる裸婦像は有名です。
略歴

1886年 東京都で生まれる
1910年 東京美術学校西洋画科を卒業する
1913年 渡仏する
1919年 サロン・ドートンヌで入選し、

      会員に推挙される
1921年 サロン・ドートンヌ審査員となる
1923年 サロン・デ・チュイルリー会員となる
1929年 一時的に帰国する
1930年 渡仏する
1934年 二科会会員となり、第21回二科展で

      特別陳列される
1937年 秋田で大癖が「秋田の行事」を完成させる
1939年 渡仏する
1941年 帝国芸術院会員となる
1943年 朝日文化賞を受賞する
1949年 フランスに定住する
1955年 フランスに帰化する
1956年 レオナール・フジタと改名する
1957年 レジオン・ドヌール勲章を受賞する
1959年 ベルギー王立アカデミー会員となる
1968年 1月29日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.