骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»大場松魚 おおば しょうぎょ

作家紹介

大場松魚 おおば しょうぎょ

肩書きなど 本名は勝雄
人間国宝、紫綬褒章、日本工芸会正会員、日本工芸会副理事、日本工芸会漆芸部会長、金沢美術工芸大学教授
 紹介文

石川県で生まれた漆芸家です。
蒔絵で人間国宝に認定されている作家です。
父の漆芸家・大場宗秀の下で漆塗りを学び、東京で松田権六に師事し、平文の技法を研究しました。
故郷に戻り本格的に制作活動を始め、日展や日本工芸会などで活躍します。
そして、奈良正倉院宝物の調査、伊勢神宮年遷宮の御神宝制作、中尊寺金色堂保存修理などの事業に関わり、古典技法の研究を進めました。
宇宙や自然の神秘をテーマに金銀の薄板を用い文様を貼りつける平文技法(ひょうもんぎほう)を使った作品を制作しています。

略歴

1916年 石川県で生まれる
1933年 京都市立美綬工芸学校彫刻家を卒業する
1943年 松田権六に師事する
1945年 故郷に戻り制作活動を始める
1946年 第1回日展で初入選する
1952年 伊勢神宮式年遷宮御神宝を奉納する
1953年 第9回日展で特選・北斗賞を受賞する
1958年 朝日新聞社賞を受賞する
1964年 国宝中尊寺金剛堂保存修理に

      漆芸技術者主任として従事する
1972年 伊勢神宮式年遷宮御神宝を奉納する
1982年 人間国宝に認定される
1987年 日本工芸会副理事に就任する
1988年 石川県立輪島漆芸技術研修所所長に

      就任する
1990年 回個展を開催する
2012年 6月21日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.