骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»中島千波 なかじま ちなみ

作家紹介

中島千波 なかじま ちなみ

肩書きなど 無所属
 紹介文 長野県で生まれた日本画家です。
日本画家・中島清之の三男として生まれ、幼い頃から絵に親しんで育ちました。
東京藝術大学で日本画を学び、西洋の現代絵画に影響を受けながらも父親から日本画の伝統美を受け継ぎました。
桜の画を生涯にわたり研究し、日本各地の銘木、古木のスケッチを元に忠実な色彩と構図により描かれた桜は独自の美しさを持った世界観を確立しました。
略歴

1945年 長野県で生まれる
1965年 東京藝術大学美術部日本画科に入学する
1969年 第54回院展で初出品、入選する
1970年 神奈川県美術展でK氏賞を受賞する
1971年 東京藝術大学大学院を修了する
1977年 第32回春の院展、第62回院展で

      奨励賞を受賞する
1979年 第5回山種美術館賞展で優秀賞を受賞する
1980年 第2回日本秀作美術展で選抜出品となる
1984年 横の会結成に参加する
1988年 宮尾登美子「きのね」の挿絵を描く
1989年 ユーロパリア1989ジャパン現代日本画展に

      出品する
1990年 第1回両洋の眼に出品する
1992年 永井路子「姫の戦国」の挿絵を描く
1993年 10周年記念展を開催する
1994年 東京藝術大学美術部助教授に就任する
1995年 パリで個展を開催する
1996年 目の会を結成する
1999年 宮尾本「平家物語」挿絵を描く
2000年 中島千波挿絵原画展開催する
2001年 深川不動尊内仏殿格天井の原画を完成させる
2002年 深川不動堂の内仏殿格天井画を完成させる
2007年 東京藝術大学創立120周年記念企画展を

      開催する

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.