骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»後藤純男 ごとうすみお

作家紹介

後藤純男 ごとうすみお

肩書きなど 日本美術院評議員、松伏町名誉町民、旭日小受章
 紹介文 千葉県で生まれた日本画家です。
真言宗豊山派の住職後藤幸男の子として生まれ、父親の跡を継ぐため僧侶の修行をしていました。
しかし、絵を描く事が大好きで、絵描きになる事を諦めきれませんでした。
その後、小学校の教師を続けながら日本美術院展へ出品をするようになり、初入選を果たすと父親の跡を継がず、教師の道も捨て、画業に専念するようになります。
日本の四季を奈良、京都など日本の古都の風景とともに描き、北海道の雄大な自然も描き残しています。
絵具に金やラピスラズリを使用していいる事でも有名で、日本美術院の中心的な画家として活躍し、東京芸術大学教授として後進の指導にもあたりました。
略歴

1930年 千葉県で生まれる
1932年 埼玉県に引っ越す
1942年 小学校を卒業する
1952年 第37回日本美術院展で初入選する
1971年 アトリエを新築する
1976年 第61回院展で文部大臣賞を受賞する
1981年 埼玉県立松伏高校開校校章の原画を制作し、

      作品を寄贈する
1986年 第71回院展で内閣総理大臣賞を受賞する
1988年 東京藝術大学美術学部教授となる
1997年 北海道上富良野町に後藤純男美術館
2000年 松伏町名誉町民となる
2006年 旭日小受章を受章する
2010年 松伏町制40周年事業で「後藤純男展」が

      開催される

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.