骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»宮入行平 みやいり ゆきひら

作家紹介

宮入行平 みやいり ゆきひら

肩書きなど 本名は堅一
人間国宝
 紹介文 長野県で生まれた刀工です。
重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されている刀工です。
代々、刀鍛冶を営む家に生まれ幼い頃から刀に触れ合い、小学校を卒業してからは父親の仕事を手伝うようになり農具や刃物を制作していました。
行平の作った農具や刃物は父親よりも上手いといわれるほど好評でしたが、刀への憧れを強く持っていたため刀作りの研究を行うようになりました。
はじめは星野銀光のもとで修業を行い、日本刀鍛錬伝習所へ入り、新作日本刀展覧会、陸軍軍刀展で多くの賞を受賞するようになります。
こうして軍刀作りに従事するようになりますが廃刀令によって作刀が禁止され刀工として危機に陥ります。
しかし、文化財保護委員会より製作承認を受け作刀ができるようになり次々と素晴らしい作品を制作しました。
略歴

1913年 長野県で生まれる
1927年 自家営業に従事し、作刀の研究を行う
1932年 星野銀光へ1年間弟子入りをする
1937年 上京し、栗原彦三郎昭秀の

      日本刀鍛錬伝習所に入門する
1950年 第59回伊勢神宮の後遷宮に際し

      御神宝太刀並びに鉾、鏃を謹作する
1953年 作刀許可第二号で文化財保護委員会の

      許可を受け作刀ができるようになる
1955年 第1回作刀技術発表会で特賞を受賞する
1956年 第2回信毎文化賞を受賞する
1961年 坂城町名誉町民となる
1962年 重要無形文化財保持者に認定される
      人間国宝となる
1963年 常陸宮妃殿下御守刀を謹作する
1969年 靖国神社百年記念祭に際し太刀謹作する
      紀宮殿下御守刀を謹作する
1973年 刀号を昭平から行平に改める
      第60回伊勢神宮の後遷宮に際し

      御神宝太刀を謹作する
1974年 全日本刀匠会幹事長となる
1977年 第61回伊勢神宮の後遷宮のための

      御神宝太刀を謹作する
      11月24日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.