骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»鎌倉芳太郎 かまくら よしたろう

作家紹介

鎌倉芳太郎 かまくら よしたろう

肩書きなど 人間国宝、石垣市名誉市民、三木町名誉町民
 紹介文 香川県で生まれた染色家です。
型絵染で人間国宝に認定されている作家です。
両親を幼い頃に亡くし、叔母に育てられました。
少年時代は絵を描く事が大好きだったので東京美術学校への進学を希望し、叔母の協力もあって東京美術学校へ入学します。
卒業後は、叔母への恩返しもしたいと考え、当時赴任手当が一番高かった沖縄の学校へ講師として向かいました。
色彩豊かな琉球の文化に心惹かれ、休日にはカメラ片手に町中を歩きまわり、沖縄の美術工芸を研究するようになりました。
特に力を注いだのは当時、途絶えつつあった琉球王家伝統の染色技法・紅型(びんがた)の復興でした。
秘伝の技を聴いて回り、戦争でほとんどなくなってしまった紙型や色見本を収集します。
そしてついに紅型の再興に着手し、復興することに成功しました。
また、首里城正殿が老朽化のため解体することになった時に建築界の重鎮、伊東忠太とともに働きかけ首里城は国宝として保存される事が決まりました。
略歴

1898年 香川県で生まれる
1921年 東京美術学校図画師範科を卒業する
1924年 沖縄で美術工芸の研究をする
1944年 東京美術学校を退官し、

      染織家として活動を始める
1973年 人間国宝となる
1983年 8月3日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.