骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»一ノ瀬宗辰 いちのせ そうしん

作家紹介

一ノ瀬宗辰 いちのせ そうしん

肩書きなど 一ノ瀬家当主が代々受け継ぐ名前
 紹介文 富山県で金工を生業としてる一ノ瀬家の当主が代々受け継ぐ名前で、1875年に初代が鋳銅職として創業したのがはじまりとされています。
その後、2代は波多野正平の隠れ職方になり、数々の展覧会に出品し、様々な賞を受賞しています。
3代は先代の技をしっかりと継承し、幼い頃から京都で修業を積みました。
古銅器、及び茶器、花器の金工と、着色の粋を学び、そこで学んだ技術をいかした作品を制作しています。
4代は古美術茶道具を収集、研究を重ね、作品に応用しています。
略歴 初代 長太郎
2代  宗右衛門(宗真)
3代  宗辰(辰男)
4代  宗辰(新太郎)
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.