骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»富永直樹 とみなが なおき

作家紹介

富永直樹 とみなが なおき

肩書きなど 本名は富永良雄
日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章、長崎名誉県民、勲三等瑞宝章、日展理事、日展理事長、日展顧問、新宿区名誉区民
 紹介文 長崎県で生まれた彫刻家です。
小学生の時に呉服店で見かけた裸婦像に魅せられ彫刻科を志す事に決めました。
東京美術学校彫刻科塑像部を首席で卒業し、ブロンズ像による肖像やキリスト教を主題とした作品を主に制作しています。
また、三洋電気に在籍し、工業デザイン(インダストリアルデザイン)の祖として活躍し、黒電話4号機を手掛け、日本初のカラー電話や家具調のテレビなどのデザインを行いました。
略歴 1913年 長崎県で生まれる
1933年 東京美術学校彫刻科に入学する
1936年 文展で初入選する
1938年 東京美術学校彫刻科を卒業する
      正木賞を拝受する
1940年 東京美術学校彫刻科研究科を卒業する
1950年 第6回日展で特選となる
1951年 第7回日展で特撰となる
1952年 第8回日展で特撰、朝倉賞を受賞する
1953年 第9回日展審査員をつとめる
1954年 日展会員となる
1962年 日展評議員となる
1968年 第11回日展で文部大臣賞を受賞する
1972年 第3回日展で日本芸術院賞を受賞する
      日本芸術院の買上げとなる
1974年 日本芸術院会員となる
1975年 日展常務理事、日本彫刻会常務理事となる
1977年 日展事務局長に就任する
1979年 日展理事長に就任する
1982年 第14回日展審査員長となる
1983年 勲三等瑞宝章を受賞する
1984年 文化功労者顕彰となる
1986年 日本彫刻会理事長となる
1989年 文化勲章を受章する
1990年 長崎県名誉県民となる
1995年 日展顧問となる
1997年 東京都新宿区名誉区民となる
2000年 日本橋三越本店で米寿記念展を開催する
2006年 4月11日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.