骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»高村光太郎 たかむら こうたろう

作家紹介

高村光太郎 たかむら こうたろう

肩書きなど 本名は光太郎(みつたろう)
 紹介文 父は高村光雲で、その長男として幼い頃から彫刻の技術を学びました。
その後、東京美術学校で学び、海外留学を経て帰国してからは、日本の美術界の古い価値観や権威主義に反抗し、父親にも反発していました。
そのため、展覧会などに出品することはほとんどせず、帝国技術員会員や日本芸術院会員に推挙されますが全て断っています。
また多くの詩集を出している事でも有名で、戦時中は戦意高揚のため戦争協力詩を多く発表していました。
しかし、アトリエを戦争で消失しており多くの作品を失っています。
戦後は、戦争協力詩を書いていた事に対して自省の念から粗末な小屋で自炊生活を送りました。
略歴

1883年 東京都で生まれる
1897年 東京美術学校予科に入学する
1898年 東京美術学校本科彫刻科に進む
1902年 東京美術学校を卒業し、研究科へ進む
1904年 白馬会でデッサンを学ぶ
1906年 留学する
1909年 帰国する
      駒込の実家にアトリエを築く
1912年 第1回ヒュウザン会に油彩画を出品する
1914年 詩集「道程」を出版する
      結婚する
1938年 妻が病気で亡くなる
1941年 詩集「智恵子抄」を出版する
1947年 帝国芸術院会員に推挙されるが辞退する
1950年 記念碑の塑像を制作する
1953年 日本芸術院第二部会員に

      推挙されるが辞退する
1956年 4月2日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.