骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»3代 西村徳泉 にしむら とくせん

作家紹介

3代 西村徳泉 にしむら とくせん

肩書きなど 本名は徳一
窯名は紫翠窯
京都府美術工芸作家協会会員、京都市工業試験場特別講師、日本伝統工芸士会幹事
 紹介文 京都府で生まれた陶芸家です。
江戸後期に初代・徳泉が五条坂に開窯して以来、家業を受け継ぐものが襲名する名前で、その3代目に当ります。
2代の子として生まれ、幼い頃から陶芸技術を学び、楠部弥弌、6代・清水六兵衛にも学びました。
京焼の伝統技法をベースとし、祥瑞写、金欄手、赤絵で繊細華美な作風を展開しています。
また、窯を五条坂から宇治市炭山に移し、紫翠窯として活動の拠点としました。
京都市工業試験場特別講師を勤めるなど、後進の指導にも力を注ぎ、京焼の振興のために尽力しています。
略歴

1928年 京都府で生まれる
1971年 宇治市炭山に京焼登り窯を移築する
      大徳寺509世桂堂紹昌より

      「紫翠」の窯名を授かる
1978年 伝統工芸士の認定を受ける
1984年 通産省より伝統的工芸品産業の

      振興貢献により表彰を受ける
1988年 京都市長より後継者育成功労により

      感謝状を受ける
1992年 現代の名工に認定される
2007年 逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.