骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»杉田祥平 すぎた しょうへい

作家紹介

杉田祥平 すぎた しょうへい

肩書きなど 清閑寺窯窯元
 紹介文 京都府で生まれた陶芸家です。
旧伯爵・清閑寺家の許可を得て江戸後期に築窯された清閑寺窯の4代当主です。
3代目に陶技の基礎を学び、楽家・14代覚入を師をして更に陶技を磨きました。
裏千家に出入りが許され、清閑寺窯丸印を裏千家家元・鵬雲斎、及び覚入より拝領しました。
京焼の伝統技法をベースとして、草花や動物をモチーフに多彩な文様を描いた茶道具を多く制作しています。
略歴 1942年 京都府で生まれる
1960年 京都芸術短期大学に入学する
1962年 京都市立工業試験場に入所する
      伝統作家協会二世会に入会する
1965年 楽家14代・覚入に師事する
1977年 裏千家・金澤宗也に茶道を習う
1999年 4代目を襲名する
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.