骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»鈴木治 すずき おさむ

作家紹介

鈴木治 すずき おさむ

肩書きなど 京都市立芸術大学名誉教授、紫綬褒章
 紹介文 京都府で生まれた陶芸家です。
千家十職の永樂工房でろくろ職人をしていた鈴木宇源治の三男として生まれ、幼いころから父にろくろを学びました。
戦後になってから本格的に陶芸家を志すようになり、新しい造形表現を目指して八木一夫と新しい造形表現を目指して「走泥社(そうでいしゃ)」を結成します。
鈴木の作品は「オブジェ焼」と呼ばれ、当時の人々を驚かせるほど斬新なものでした。
走泥社を一緒に立ちあげた八木が亡くなると、その中心となり活躍しました。
馬、牛、鳥などの動物をモチーフにした作品を多く制作し、他にも雲、太陽、風など自然現象をモチーフにした作品も制作しています。
鈴木はこのオブジェ作品の事を「泥象(でいしょう)」と呼び、「オブシェ」という表現はしていません。
また、オブジェ以外の作品として、遊び心あふれる酒器、香炉、香合、茶碗などの茶道具を制作しました。
略歴

1926年 京都府で生まれる
1943年 京都市立第二工業学校窯業科を卒業する
1948年 走泥社を結成する
1954年 オブジェを作るようになり、

      これを泥象と呼ぶようになる
1960年 日本陶磁協会賞を受賞する
1962年 プラハ国際陶芸展で金賞を受賞する
1970年 ヴァリロス国際陶芸ビエンナーレ展で

      金賞を受賞する
1971年 ファエンツァ国際陶芸展で金賞を受賞する
1979年 京都市立藝術大学美術学部教授となる
1983年 日本陶芸展で日本陶芸展賞を受賞する
1984年 日本陶磁協会金賞、

      藤原啓記念賞を受賞する
1985年 毎日芸術賞を受賞する
      個展を開催する
1987年 京都府文化賞功労賞を受賞する
1989年 個展を開催する
1993年 京都市文化功労者となる
1994年 紫綬褒章を受章する
      京都美術文化賞を受賞する
1997年 個展を開催する
1998年 第30回日本芸術大賞を受賞する
      走泥社を解散する
1999年 第69回朝日賞を受賞する

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.