骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»浅野陽 あさの あきら

作家紹介

浅野陽 あさの あきら

肩書きなど 日本工芸会正会員、東京藝術大学名誉教授
 紹介文 東京都で生まれた陶芸家です。
美術学校では漆工部で学んでいましたが、富本憲吉、藤本能道らに影響されて陶芸の道に進むようになります。
日本工芸会や個展を中心に作品を発表し、雑誌の連載記事も手掛けていました。
また、器に対して食との密接な関係を説いており、料理を盛り付け美しく見える造形とよりおいしく食べる事ができる器作りを心掛け制作し続けました。
また、多くの出版物を手掛けており、陶芸のみならず料理に関わり著書を手掛けました。
略歴

1923年 東京都で生まれる
1941年 東京美術学校工芸家漆工部に入学する
1946年 東京美術学校を卒業する
1949年 東京藝術大学講師となる
1962年 朝日陶芸展で入賞する
1966年 新宿・伊勢丹で第1回個展を開催する
1967年 日本工芸会正会員となる
      神奈川県南足柄市に窯を築く
1970年 フランス・バロリス陶芸ビエンナーレ展で

      名誉参加賞を受賞する
1979年 東京藝術大学教授となる
      文化出版局より「酒呑みのまよい箸」を

      刊行する
1980年 世界文化社より出版の「和食器の

      盛り付けの手本」の監修をつとめる
1983年 講談社より「技法入門シリーズ・

      陶器をつくる」を刊行する
      アメリカ、イギリスの日本の現代陶器展に

      出品する
1984年 講談社より出版の「現代日本の陶芸第七巻・

      伝統と創造の意匠」に執筆する
      週刊朝日の連載記事を設ける
1985年 月間「栄養と料理」に連載記事を設ける
1987年 福山・天満屋で個展を開催する
1988年 文化出版局より「浅野陽の味知歩き」を

      刊行する
1989年 東京藝術大学陳列館で退官記念展を

      開催する
1990年 東京藝術大学を辞める
      東京藝術大学名誉教授となる
      講談社より「浅野陽の世界」を刊行する
      日本橋・三越で退官記念展を開催する
1992年 講談社より「浅野陽やきもの塾」を

      刊行する
1997年 講談社より「新版・酒呑みのまよい箸」を

      刊行する
      9月8日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.