骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»関根正二 せきね しょうじ

作家紹介

関根正二 せきね しょうじ

肩書きなど 本名は正二(まさじ)
 紹介文

福島県で生まれた洋画家です。
小学二年生の時に家族とともに東京へ移り、遊び友達の一人に伊藤深水の影響で絵に興味を持つようになりました。
しかし、絵を描き始めるのは中学校に入ってからで、中学校を中退して印刷会社の図案部に入社しました。
その会社の顧問をしていた結城素明に日本画を学び、本郷洋画研究所で本格的に画家としての活動を始めました。
二科展に出品し受賞を重ね、この時に特別展示されていた安井曽太郎の作品を見て、色彩の重要性に気づきます。
こうして、画家として良いスタートを切りましたが、病魔に蝕まれ20歳という若さで亡くなってしまいました。
若くして亡くなったため、現存する作品は極めて少なく、代表作の一つ「信仰の悲しみ」は重要文化財の指定を受けています。

略歴 1899年 福島県で生まれる
1906年 東京に転居する
1912年 中学校を中退し、印刷会社の図案部で働く
1913年 結城素明に日本画を教わる
      本郷洋画研究所に通う
1914年 太平洋画研究所に入るが数か月後に辞める
1915年 第2回二科展で入選する
1916年 第3回二科展で入選する
1917年 第4回二科展で入選する
1918年 第5回二科展で樗牛賞を受賞する
      雑誌の表紙や挿絵を手掛けるようになる
1919年 6月16日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.