骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»佐伯祐三 さえき ゆうぞう

作家紹介

佐伯祐三 さえき ゆうぞう

肩書きなど 幼名は秀丸
 紹介文 大阪府で生まれた洋画家です。
光徳寺の次男として生まれ、中学生の時から赤松麟作に洋画を学んでいました。
父親は医者になる事を望んでいましたが、画家を志して上京し、川端画学校へ入学し、翌年は東京美術学校へ進学します。
卒業後は渡仏してヴラマンクに自身の作品を批判され、それを励みにパリの風景、街並みを重厚な筆致で描く独自の作風を確立しました。
また、鮮やかな色使いと踊るような繊細な描線で街角のポスターやカフェを描いており、管板などの文字を造形要素の一部として取り入れているのが特徴です。
しかし、病気のため30歳という若さで亡くなってしまいます。
6年足らずの画家生活の中で、たくさんの作品を残しました。
略歴 1898年 大阪府で生まれる
1912年 大阪府立北野中学校へ入学する
1915年 油絵を描き始める
      赤松麟作に洋画を学ぶ
1917年 北野中学校を卒業し上京する
      川端画学校、本郷洋画研究所で学ぶ
1918年 東京美術学校西洋画科予備科に入学する
1919年 川合玉堂に日本画を学ぶ
1920年 結婚する
1921年 アトリエ兼自宅を新築する
1923年 東京美術学校西洋画科を卒業する
      フランスへ渡る
1924年 ヴラマンクを訪問する
1925年 サロン・ドートンヌで入選する
1926年 一時的に帰国する
1927年 フランスへ渡る
      第20回サロン・ドートンヌで入選する
1928年 8月16日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.