骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»小出楢重 こいで ならしげ

作家紹介

小出楢重 こいで ならしげ

肩書きなど 二科会会員
 紹介文 大阪府で生まれた洋画家です。
薬屋を営む家に生まれました。
小学校から日本画を渡辺祥益に学び、上京して東京美術学校の洋画家を受験しますが、不合格となり日本画科へ入学します。
洋画を学びたかったので一年後には洋画家へ転向しました。
黒田清輝の白馬会にも通うようになり、絵を学んでいましたが、自分とは合わずに辞めてしまいます。
その後、文展に出品しますが4連続で落選し、友人の勧めで二科展に出品することにし、初出品で樗牛賞を受賞しました。
フランスへ留学したことをきっかけに、改めて日本人が描く油絵を確立しなければと考えるようになりました。
帰国すると、黒田重太郎、国枝金三と信濃橋洋画研究所を設立し、制作の傍ら新鋭画家の育成に力を注ぎます。
はじめは大阪の街並みや風景画を描いていましたが、晩年は裸婦画を多く制作しており、西洋的な理想の女性像ではなく日本人女性の体形をカバーするような姿勢や特徴を活かした裸婦像を描きました。
略歴 1887年 大阪府で生まれる
1901年 大阪府立市岡中学校へ入学する
      渡辺祥益、林茂次に日本画を学ぶ
1907年 大阪府立市丘岡中学を卒業する
      東京美術学校に入学する
1908年 小堀靹音、松岡映丘に師事する
1909年 長原孝太郎にデッサンを学ぶ
1914年 東京美術学校を卒業する
1917年 第4回院展で入選する
1919年 第6回二科展で樗牛賞を受賞する
1920年 第7会二科展で二科賞を受賞する
1921年 フランスへ留学する
1922年 第9回二科展で出品する
1923年 帰国する
      二科会会員となる
      第10回二科展に出品する
1924年 信濃橋洋画研究所を開設する
1925年 第12回二科展に出品する
1926年 第13回二科展に出品する
1927年 「楢重雑筆」を出版する
      第14回二科展に出品する
1928年 第15回二科展に出品する
1929年 第16回二科展に出品する
1930年 第17回二科展、全関西洋画展に出品する
1931年 2月13日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.