骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»木村荘八 きむら しょうはち

作家紹介

木村荘八 きむら しょうはち

肩書きなど 春陽会会員
 紹介文 東京都で生まれた洋画家、随筆家です。
東京日本橋いろは牛肉店第八支店に生まれ、中学校を卒業してからは第十支店の帳場を任されていました。
しかし、昔から文学や洋書を読む事が好きで兄弟の影響もあり、芸術家になりたいと思っていました。
長兄の許しを得て、葵橋洋画研究所に入り画技を学びます。
そこで出会った岸田劉生、高村光太郎らとともにヒュウザン会を結成し同会を作品の発表の場としました。
また、春陽会にも参加し、後に事務所を引き継ぎ運営を支えるようになります。
岸田劉生が亡くなると、挿絵画家に転向し、永井荷風の新聞連載「濹東奇譚』の挿絵を担当します。
独特のタッチで情緒深く描かれた下町風俗が大衆の人気を集め、一躍有名になります。
美術に関する翻訳や執筆をなど多忙な日々が続き、脳腫瘍の発見が遅れ、脳腫瘍が原因で亡くなってしまいました。
また、洋画や挿絵だけではなく日本画の作品も残しています。
略歴 1893年 東京都で生まれる
1911年 葵橋洋画研究所に入る
1912年 ヒュウザン会の結成に参加する
1915年 草土社を結成する
1918年 二科展、院展に出品する
1922年 春陽会創設客員として参加する
1924年 春陽会会員となる
1928年 パンの会を発表する
1937年 永井荷風、大佛次郎の挿絵を担当する
1958年 11月18日逝去
1959年 日本芸術院恩賜賞を追贈される
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.