骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»岸田劉生 きしだ りゅうせい

作家紹介

岸田劉生 きしだ りゅうせい

肩書きなど ヒュウザン会主宰、草土会主宰
 紹介文 東京都で生まれた洋画家です。
実業家でジャーナリストの岸田吟香の四男として生まれました。
父親が亡くなった事をきっかけにキリスト教へ入信し、熱心な信者となります。
葵橋洋画研究所にて黒田清輝に外光派の洋画技法を学び、柳宗悦、バーナードリーチ、武者小路実篤らと知り合い以降白樺派の文学人らと親交を深めました。
その後、ヒュウザン会を結成し、画家として本格的にデビューしました。
はじめの頃はセザンヌの影響を受けた作品を描いていましたが、後にデューラーの写実的な作風に変化していきました。
愛娘である長女・麗子をモデルに多数の麗子像を残しており、「麗子微笑」は重要文化財に指定されています。
画家としてまだまだこれからだというのに、胃潰瘍と尿毒症によって38歳という若さで亡くなりました。
略歴

1891年 東京都で生まれる
1907年 東京高師附属中学を中退する
1908年 白馬会葵橋洋画研究所で黒田清輝に

      師事する
1906年 キリスト教に入信する
1910年 第4回文展で入選する
1911年 バーナード・リーチと知り合う
1912年 ヒュウザン会を結成する
      第1回ヒュウザン会展に出品する
1913年 第2回ヒュウザン会に出品する
      ヴィーナスクラブを主宰する
1914年 長女・麗子が誕生する
      巽画会に出品し、審査員をつとめる
1915年 巽画会15回展で審査員をつとめる
      美術社主宰第1回美術展に出品する
1916年 第2回・第3回草土社展に出品する
1917年 第4回二科展で二科賞を受賞する
1920年 自選画集「劉生画集及芸術観」を刊行する
1921年 第3回帝展に出品する
1929年 大連・奉天・ハルビンなどへ旅行をする
      12月20日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.