骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»香月泰男 かづき やすお

作家紹介

香月泰男 かづき やすお

肩書きなど 勲三等瑞宝章
 紹介文  佐賀県で生まれた洋画家です。
幼い頃に両親が離婚し、祖父母に育てられました。
絵に興味を持ち、幼い頃に分かれた実母に油絵具を貰い、それを使って描くようになりました。
川端画学校、東京美術学校で技術を学び、卒業していからは美術教師として働いていました。
しかし、戦争によって召集され満州へ赴く事になります。
戦地でも作品の制作を行い、人を伝って作品展に出品するなど、画家としての本分を忘れていませんでした。
日本の敗戦が決まり、やっと日本へ帰れると思っていた矢先、シベリアへ収容されてしまいます。
この体験が後の作品作りに影響を与え、帰国してからは美術教師を続ける傍ら、シベリアでの体験をもとに生み出したマチエールで出品するようになりました。
画業に専念したいと美術教師を辞め、世界各国を取材旅行し、生涯、絵を描く事だけを生きがいに多くの作品を生み出しました。
略歴

1932年 佐賀県で生まれる
1931年 東京美術学校に入学する
1936年 東京美術学校を卒業する
      北海道庁立倶知安中学校の

      美術教師をつとめる
1938年 山口県立下関高等女学校に転任する
1939年 第3回文展で特選となる
      国画会で国画奨励賞を受賞する
1940年 第15回国画展で佐分賞を受賞する
      国画会同人となる
1942年 国画会と文展に出品する
      召集令状が届き満州へ派遣される
1945年 ソ連に抑留され、シベリア・

      クラスノヤルスク地区のセーヤ収容所で

      強制労働に従事する
1946年 コモナール収容所へ移される
1947年 シベリア抑留から引き揚げとなる
      復職し、下関高等女学校の美術教師を

      つとめる
1948年 山口県立深川高等女学校に転任する
1949年 サロン・ド・プランタン賞を受賞する
1956年 作品がメルボルン近代美術館に収蔵される
1960年 大津高等学校を依願退職し、

      創作活動に専念する
1961年 日本洋画商展、日本国際美術展、

      香月泰男展、カーネギー国際展に出品する
1962年 海外で初の個展を開催する
1966年 九州産業大学芸術学部油絵科の

      主任教授を委嘱される
1968年 西日本文化賞を受賞する
1969年 シベリア・シリーズで

      第1回日本芸術大賞を受賞する
1970年 東京藝術大学非常勤講師を委嘱される
      文芸春秋社より自伝「私のシベリヤ」を

      刊行する
      求龍堂より「香月泰男のおもちゃ筐」を

      刊行する
1971年 第14回安井賞の選考委員をつとめる
      タヒチ島で取材旅行をする
1972年 ギリシャ、スペイン、モロッコ、

      カナリヤ諸島で取材旅行をする
1973年 タヒチ、ニース、コルシカ、

      ノルマンディーなどで取材旅行をする
1974年 3月8日逝去
      勲三等瑞宝章が追贈される

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.