骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»刑部人 おさかべ じん

作家紹介

刑部人 おさかべ じん

肩書きなど 日展審査員、日展会員、紺綬褒章
 紹介文 栃木県で生まれた洋画家です。
幼い頃から絵を学び、川端画学校では日本画を学びました。
東京美術学校では西洋科へ進み、在学中に帝展で初入選を果たします。
その後は帝展、新文展で出品を重ねます。
画家として良いスタートとなりましたが、当時ヨーロッパで起こっていた芸術運動の影響で、自分は何を描きたいのか分からなくなり、長いスランプに陥ってしまいます。
紆余曲折しながら、時代に流されるのではなく、本来の自分のスタイルである写実中心の作風を貫くことを決意し、度々、写生旅行で日本全国を巡るようになりました。
また、ペインティングナイフのバネの反動を利用して生乾きの絵具を重ねていくアクション・ペインティング風の独特の画風を生み出し、作品にさらなる深みを出す事に成功します。
自宅に庭に自然のままの姿で植えられた草花をモチーフにする事が多く薔薇などの静物を題材にした作品を残しています。
略歴

1906年 栃木県で生まれる
1918年 父の転勤によって状況する
1919年 東京府第一中学校に入学する
1922年 川端画学校に通う
1924年 東京美術学校西洋画科に入学する
1926年 同校・和田教室に編入し、

      和田英作の指導を受ける
1928年 第9回帝展で初入選となる
1931年 結婚してアトリエを構える
1940年 東京高等工芸学校の助教授となる
1943年 新文展で無鑑査出品となる
1946年 第1回日展で特選を受賞する
      金山平三の写生旅行に同行する
1948年 第4回日展で特選を受賞する
1951年 日本橋三越で個展を開催する
      (以後、毎年開催するようになる)
1958年 新世紀美術協会に参加する
      第3回新世紀美術展に出品する
1967年 日展審査員となる
1970年 日展会員となる
1977年 紺綬褒章を受章する
1978年 国東半島へ写生旅行へでかける
      3月8日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.