骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»安田靫彦 やすだ ゆきひこ

作家紹介

安田靫彦 やすだ ゆきひこ

肩書きなど 本名は新三郎
別号は眠草、青牛居
帝国美術院会員、東京美術学校教授、文化勲章、文化功労者
 紹介文 東京都で生まれた日本画家です。
東京日本橋で料亭を営む家の四男として生まれ、横山大観、菱田春草、小堀鞆音らの作品を見て感動し、画家になる事を決意します。
小堀鞆音に師事して、後に東京美術学校に入学し、画家としての頭角を現しますが中退してしまいます。
その実力を岡倉天心に買われ、日本美術院に招かれました。
そして、今村紫紅と紅児会を設立し、日本画壇を代表する作家となりました。
また、歴史画の大家として前田青邨と肩を並べ、焼損した法隆寺金堂壁画の模写にも携わりました。
写生重視のデッサンを多くのこしており、本図ではその緻密な写生は姿を消し、モダンなスタイルで作品を描き上げました。
生まれつき体が弱く、大きな作品を制作することは殆どなく、渡来経験もありませんが、日本画壇を代表する作家として、今でもお手本にする画家は多く存在します。
略歴 1884年 東京都で生まれる
1897年 画家になる事を決意する
1898年 東京美術学校を中退する
      小堀鞆音に師事する
      紫紅会を結成する
1907年 岡倉天心によって日本美術院に招かれる
1944年 東京美術学校教授に就任する
1948年 文化勲章を受章する
1958年 日本美術院初代理事に就任する
1965年 東京藝術大学名誉教授となる
1974年 院展最後の出品となる
1978年 逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.