骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»松林桂月 まつばやし けいげつ

作家紹介

松林桂月 まつばやし けいげつ

肩書きなど 本名は篤
別号は香外
日本美術会理事、日展運営会常任理事、日本南画院会長(初代)、萩市名誉市民
 紹介文 山口県で生まれた日本画家です。
幼い頃から絵を描く事が好きで、画家を志して上京します。
野口幽谷に師事して南画を研究し、幽谷が亡くなってからは独学で画技を磨きました。
その実力は、南画界の重鎮となるほどのもので、南画の新な表現を開拓し、墨一色で描かれた写実的な「朧月夜の桜」と有名です。
そして、小室翠雲・児玉果亭・野口小蘋らとともに日本南画院を設立し、南画の発展に尽力しました。
また、萩市内の諸事業にも多額の資材を投じており、母校である白水小学校には講堂建設費用や作品を寄付しています。
略歴 1876年 山口県で生まれる
1894年 野口幽谷に師事する
1906年 日本南宗画会を結成する
1932年 帝国美術院会員となる
1937年 帝国芸術院会員となる
1944年 帝室技芸員となる
1947年 日中文化協会理事となる
1948年 日本美術協会理事となる
1949年 日展運営委員会常任理事となる
1958年 文化勲章を受章する
1961年 日本南画院会長、萩市名誉市民となる
1911年 逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.