骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»鏑木清方 かぶらき きよかた

作家紹介

鏑木清方 かぶらき きよかた

肩書きなど 本名は健一
別号は象外、渓水、紫陽花舎
帝室技芸委員、文化功労者、文化勲章
 紹介文 東京都で生まれた日本画家です。
上村松園、伊藤深水と並び美人画で有名な作家で、「西の松園、東の清方」と呼ばれています。
はじめは挿絵画家を志し、水野年方に師事し、「清方」という号を授かりました。
父親が運営していた「やまと新聞」に挿絵を描くようになり、10代という若さ絵でプロの挿絵画家として活躍していました。
その後、日本画を描くようになり、挿絵の仕事をしながら展覧会などに出品していました。
画家の仲間たちと「烏号会」を結成し、作品の発表の場としていました。
樋口一葉を愛読していたため、樋口一葉をモデルにした作品を多く残しています。
略歴

1878年 東京都で生まれる
1891年 水野年方に師事する
1893年 水野年方より「清方」の号を授かる
1897年 第2回日本絵画協会共進会に出品する
      紫紅会を結成する
1900年 第8回日本絵画協会、第3回日本美術連合

      絵画共進会に出品する
1901年 烏合会を結成する
1902年 第5回鳥号会展に出品する
1903年 結婚し、自宅を「紫陽花舎」と名付ける
1909年 第3回文展初出品、褒状を受賞する
1910年 日英博覧会で銅賞を受賞する
1914年 第8会文展で二等賞を受賞する
1915年 第9回文展で二等賞首席となる
1916年 金鈴会を結成する
1917年 第11回文展で特選第一席となる
1927年 第2回帝展で帝国美術院賞を受賞する
1932年 聖徳記念絵画館の壁画を制作する
1935年 日本橋三越で個展を開催する
1937年 帝国芸術院会員となる
1940年 紀元二千六百年奉祝展に出品する
1941年 「こしかたの記」「四季しのぶ草」を

      刊行する
1944年 帝室技芸員となる
1945年 自宅が戦火で消失する
1948年 第4回日展に出品する
1954年 文化勲章を受賞する
1972年 逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.