骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»奥田元宋 おくだ げんそう

作家紹介

奥田元宋 おくだ げんそう

肩書きなど 本名は厳三(げんぞう)
別号は成珠
文化功労者、日本芸術院会員、日展顧問
 紹介文 広島県で生まれた日本画家です。
幼い頃から絵に興味を持っており、初めは洋画を学んでいました。
遠戚に日本画家・児玉希望がいる事を知った元宋は、児玉希望を頼り、内弟子になりました。
人物画を中心に制作していましたが、戦況が悪化し、故郷へ疎開しましたがモデルを手配することが難しく、なかなか人物画を描く機会に恵まれませんでした。
そこで、郷里の風景を描くようになり、「「元宋の赤」と称される赤系の絵具を完成させました。
この赤系の絵具を用いて夕暮れや紅葉風景を作品に残しており、今も人気がある作家です。
略歴

1912年 広島県で生まれる
1931年 児玉希望に師事する
1933年 シナリオライターを志すため、

      一旦画業を休止する
1938年 第2回文展で特選を受賞する
      戦況悪化で故郷へ疎開する
1947年 日本橋高島屋で初個展を開催する
1949年 日展で特選・白寿賞を受賞する
1973年 日本芸術院会員となる
1977年 日展理事長に就任する
1981年 文化功労者となる
1984年 文化勲章を受章する
1989年 広島県名誉県民となる
1996年 京都・慈照寺(銀閣寺)の庫裏大玄関および

      弄清亭の障壁画を完成させる
1994年 京都高島屋で作品展を開催する
1995年 東京都奥多摩町白丸に歌碑が完成する
2003年 2月15日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.