骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»伊東深水 いとう しんすい

作家紹介

伊東深水 いとう しんすい

肩書きなど

本名は一(はじめ)
号は此君亭(比君汀)

勲3等旭日章綬章、日本芸術院会員、日展顧問

 紹介文 東京で生まれた日本画家です。
堅実な表現力と優美な描写で描かれる美人画に定評がある作家で、そのモデルは妻の好子を起用し、大作を数多く制作しています。
また、料亭「勝田」の女将であった勝田麻起子との間に雪会(女優・朝丘雪路)をもうけ、娘をモデルにした作品も存在しています。
戦時中は出兵することになり、現地で4000枚以上のスケッチを残すなど、戦地でも画家としての気持ちを忘れていませんでした。
戦後は日展んを中心に活躍し、青々会や日月社などを設立し、後進の育成にあたりました。
略歴

1898年 東京で生まれる
1907年 小学校を中退し、看板屋で住み込みで働く
1908年 東京印刷の活字工となる
      日本画家・中山秋湖に日本画を習う
1911年 鏑木清方へ入門し、「深水」の号を授かる
1912年 第12回巽画会展で初入選する
1913年 巽画会1等褒状を受ける
1914年 再興第1回院展で入選する
      東京印刷を退社する
1915年 第9回文展で初入選する
1916年 渡辺版画展から「対鏡」を発表する
      新版画運動に参加する
      東京日日新聞などに挿絵を書く
1919年 結婚する
1922年 平和記念東京博覧会で2等銀牌となる
1927年 大井町に深水画塾を設立する
1932年 青々会を設立する
1943年 召集され海軍報道班員として

      南方諸島へ派遣される
1945年 長野県小諸市に疎開する
1948年 第4回日本芸術院賞を受賞する
1949年 鎌倉に転居する
1950年 日月社を結成する
1958年 日本芸術会員に推挙される
1972年 5月8日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.