骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»牧進 まき すすむ

作家紹介

牧進 まき すすむ

肩書きなど 無所属
 紹介文 東京都で生まれた日本画家です。
父親も日本画家でしたが、召集を受け、訓練中に銃剣が目に刺さり、思うように絵が描けなくなってしまいました。
そんな父親を見て育ったため、中学校を卒業してから日本画家を志すようになります。
ある時、青龍展の会場で作品を観ている時に川端龍子に声をかけられ、それがきっかけで内弟子となり日本画を学びました。
龍子が亡くなるまで青龍社で活動を続け、青龍社が解散してからは無所属作家として個展を中心に活動を続けています。
その後、川端康成と出会った事により、「日本の美しい四季、春夏秋冬を描き続ける」という
絵の方向性を見出しました。
その卓越した描写力で描かれた作品は、現在も多くの人を魅了しています。
略歴

1936年 東京都で生まれる
1943年 秋田県に疎開する
1945年 日本画を学ぶ
1952年 川端龍子の内弟子となる
1957年 青龍社第29回展で初入選する
1958年 春の青龍展で春季賞を受賞する
1966年 無所属となる
1967年 初個展を開催する
1968年 結婚する
1975年 第3回山種美術館賞展で優秀賞となる
1978年 上村淳之・牧進・三輪良平三人展を

      開催する
1979年 日ソ美術友好使節団の一員としてソ連を

      訪問する
1980年 外務省の依頼により作品を制作する
1981年 NHK教育テレビ番組に出演する
1982年 日本経済新聞夕刊連載の邱永漢

    「食指が動く」の挿絵を担当する
1985年 フジテレビの番組に出演する
1988年 日本テレビの番組に出演する
1991年 歌舞伎座の壁画を制作する
2000年 外務省の依頼でオマーン国に

      作品を寄贈する
2002年 伊勢神宮、神楽殿に「淑気」を奉納する
2003年 池上本門寺霊寳殿壁画「煌櫻」を制作する

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.