骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»相磯和男  あいそ かずお

作家紹介

相磯和男  あいそ かずお

肩書きなど あいそ硝子工房代表
 紹介文 静岡県で生まれたガラス工芸家です。
カットグラス(切子硝子)という、ガラスに模様を彫り込む技法で制作しています。
高校生の時に行った夏のアルバイトで「物を創る仕事」に興味を持ち、陶芸やガラス工芸の本を見ていた時にガラス工芸家・由水常雄の本の中に登場したガラス工芸の造形や制作技法の美しさに魅せられました。
偶然にも同じ年の夏に商店街のイベントで由水常雄の講演会があり、その講演会を協賛した市役所に勤める姉に頼み、由水常雄と直接会う事が出来、ガラス工芸家を目指す事を決めました。
日本で初めてのガラス工芸を専門とする研究所に入所し、ガラス工芸の基礎を学びました。
その後も研究所時代の講師であった小林英夫のガラス工芸所で働きながら修行を重ね、研究所時代に共に学んだ美里と結婚し、あいそ硝子工房で夫婦作家として作品を制作する傍ら、教室を開き、ガラス工芸を教えています。
略歴

1967年 静岡県で生まれる
1989年 東京ガラス工芸研究所を卒業する
      小林硝子工芸所に入社し、小林英夫に

      師事する
1999年 小林硝子工芸所を退社しする
      伊豆長岡にあいそ硝子工房を設立する
2000年 吉祥寺で硝子工芸兄弟展を開催する
2001年 大阪で硝子工芸兄弟展を開催する
2002年 各地で相磯和男・相磯美里展を開催する
2003年 大阪で硝子工芸兄弟展を開催する

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.