骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»津田宗及 つだそうきゅう

作家紹介

津田宗及 つだそうきゅう

肩書きなど

通称は隼人、助五郎

号は天信、幽更斎

 紹介文 安土桃山時代に活躍した商人、茶人です。
堺の豪商・天王寺屋の津田宗達の息子として生まれました。
父は茶人・武野紹鴎の子・宗瓦の門人だったため、父から茶道を教わりました。
織田信長と知り合い、茶会に参加し、所領の管理、年貢の販売、物資の調達など飽きない活動を精力的に行いました。
その後、実権を握った豊臣秀吉の信頼も得るようになり、茶湯物八人衆として活躍し、今井宗久、千利休とともに三宗匠と呼ばれていました。
茶会の記録である茶湯日記「宗及茶湯日記他会記」「宗及茶湯日記自会記」は宗凡が記したものと合わせて「天王寺屋会記」よ呼ばれ、当時の武将達の関係などを知る歴史的資料として保存されています。
略歴 生年不詳
1587年 北野大茶湯の茶頭をつとめる
1591年 6月11日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.