骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»佐久間将監 さくま しょうげん

作家紹介

佐久間将監 さくま しょうげん

肩書きなど

名は実勝・直勝

号は寸松庵(すんしょうあん)

 紹介文 安土桃山時代〜江戸時代初期に活躍した茶人で、旗本でもありました。
織田家に仕えていた、佐久間政実の長男で、秀吉や家康にも仕えた事があります。
茶人として有名で、茶道を古田織部に学び、晩年は大徳寺龍光院内に塔頭寸松庵を建立しました。
茶道・宗可流の開祖といわれ、現代でも将監が所持していたお茶碗などが出てきており、「佐久間物」と呼ばれています。
略歴 1570年 生まれる
1608年 従五位下伊予守に叙任する
1613年 名古屋城築城の普請奉行をつとめる
1632年 作事奉行となる
1633年 2000石を賜る
1642年 逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.