骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»清水六兵衛 きよみず ろくべえ

作家紹介

清水六兵衛 きよみず ろくべえ

肩書きなど 京焼の陶工、清水家の通名
 紹介文 江戸時代中期から続く清水焼の陶工が代々受け継ぐ名前です。
初代・古藤(ことう)栗太郎が清水焼の海老屋清兵衛に師事し陶芸を学び、独立して五条坂に窯を子築いたのが始まりとされています。
この時に「古藤六兵衛」と改名しました。
その後、3代の時に「古藤」から
「清水(しみず)」に改め、洋食器を制作するなど、海外にも精力的に作品を出品しました。
しかし、5代の時に清水の読み方を「きよみず」と改め作品を制作するようになります。
7代は清水九兵衛を名乗って彫刻家として活躍し、作陶も手掛けました。
現代の当主は8代目となっており、各代が先代とは同じことをやらずに、それぞれ独自のものを制作しています。
略歴 初代 六兵衛(栗太郎) 1738〜1799年
2代  六兵衛(静斎) 1790〜1860年
3代  六兵衛(祥雲) 1822〜1883年
4代  六兵衛(清水六居) 1848〜1920年
5代  六兵衛(清水六和) 1875〜1959年
6代  六兵衛(清水正太郎) 1901〜1980年
7代  六兵衛(清水裕詞) 1922〜2006年
8代  六兵衛(清水柾博) 1954〜
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.