骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»金森宗和 かなもり そうわ

作家紹介

金森宗和 かなもり そうわ

肩書きなど 本名は金森重近(かなもりしげちか)
 紹介文 江戸初期の茶人で、飛騨高山藩主・金森可重の長男として生まれました。
3代目を継ぐ予定でしたが、大阪の陣で参戦拒否をしたため父親に勘当されたといわれていますが、勘当の理由は定かになっていません。
その後、母親とともに京都に移り住み、剃髪して宗和と名乗るようになりました。
京都では茶の湯に専念し、祖父や父、古田重然や小堀政一の影響を受けながら「姫宗和」と呼ばれる茶風で京の公家の人々に愛されていました。
自作の茶道具を多く残しており、遺構として京都西賀茂の一条恵観別邸や大徳寺真珠庵の茶室庭玉軒、金閣寺の茶亭夕佳亭なども残しています。
略歴 1584年 生まれる
1614年 父に勘当される
1615年 剃髪して宗和と号すようになる
1656年 逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.