骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»尾形乾山 おがた けんざん

作家紹介

尾形乾山 おがた けんざん

肩書きなど

本名は権平(幼名)のち深省

号は紫翠、逃禅、陶隠

 紹介文 江戸時代に活躍した陶芸家・日本画家です。
京の呉服商・雁金屋(かりがねや)を営む尾形宗謙の三男に生まれ、兄には日本画家の尾形光琳という家庭に生まれました。
野々村仁清に陶芸を学び、尾形家二兄弟をひいきにしてくれていた二条綱平(にじょうつなひら)公から鳴滝にある山荘を譲り受け、その地に窯を築いて独立しました。
作品は師である野々村仁清と兄・光琳の影響を受けた色彩豊かな色絵陶器が多く、兄・光琳が絵付けを手掛けた作品も多く発表しています。
しかし、自身で1から制作したものは少なく、成形〜焼成までそれぞれの過程を専門の陶工に任せる事が多く、基本的には工房生産という形をとっていました。
晩年は江戸で過ごし、京に戻る事は一度もなく、陶芸の他にも絵や書なども多く残しています。
略歴 1663年 京都で生まれる
1699年 陶芸の制作活動を始める
1712年 二条寺町に移る
1731年 江戸に移る
1743年 江戸で逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.