骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»大西清右衛門 おおにし せいえもん

作家紹介

大西清右衛門 おおにし せいえもん

肩書きなど 千家十職
 紹介文 大西清右衛門は千家十職の釜師で、代々の当主が清右衛門を名乗ります。
大西家は、当初は広瀬という姓を名乗っていました。
その後、初代・浄林が二人の弟達と京へ上洛し、三条釜座の座人になったのが始まりとされており、初代から15代までは隠居名で数え、当代のみが清右衛門を名乗る事ができます。

当代である16代は、幻の技法とされた挽き中子技法の再現に成功し、2代の作品「夜学釜」の復元に成功しました。
これをきっかけに過去の技法や名品を手本として作品を制作しています。
略歴 初代 浄林 1590〜1663年
2代  浄清 1594〜1682年
3代  浄玄 1630〜1684年
4代  浄頓 1645〜1700年
5代  浄入 1647〜1716年
6代  浄元 1689〜1762年
7代  浄玄 1720〜1783年
8代  浄本 1747〜1785年
9代  浄元 1749〜1811年
10代 浄雪 1777〜1852年
11代 浄寿 1808〜1875年
12代 浄典 1841〜1869年
13代 浄長 1866〜1943年
14代 浄中 1888〜1960年
15代 浄心 1924〜2002年
16代 当代 1961〜
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.