骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»2代 徳田八十吉 とくだ やそきち

作家紹介

2代 徳田八十吉 とくだ やそきち

肩書きなど 別号は魁星、百吉
石川県指定無形文化財、日展会員、日本窯業協会評議員、小松市美術文化協会理事
 紹介文 石川県で生まれた陶芸家です。
石川県能美郡にある醤油商「雲戸家」の五男に生まれましたが、初代の養子となり色絵付けを中心に九谷の陶芸を学びました。
そして、図案を浅野廉、陶芸理論を安達陶仙、日本画を玉井敬泉、陶画を富本憲吉に学び九谷焼の近代化を推進してきました。
異なる二種類の色粘土を練り込んでろくろで形成して上絵付けをする湧象を開発し、花瓶、香炉、獅子置物、飾り皿などを作りました。
長男に八十吉を譲った後は百吉と号して作品を作り続けました。
略歴

1907年 石川県で生まれる
1923年 初代の養子となり魁星と号して

      作陶を開始する
1926年 石川県工芸奨励会会員となる
1927年 石川県立小松中学校を卒業する
1929年 京都国立陶磁器試験場に派遣される
1938年 富本憲吉の指導を受ける
1951年 日展で特選・朝倉賞を受賞する
1956年 2代・徳田八十吉を襲名する
1958年 ブリュッセル万国博覧会で

      グランプリを受賞する
1976年 石川県九谷陶磁器商工業協同組合

      連合会相談役・名誉理事に就任する
1978年 小松上絵工業組合顧問に就任する
1982年 久谷焼技術保存会会長に就任する
1988年 長男に八十吉を譲り百吉と号すようになる
1997年 逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.