骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»安藤日出武 あんどう ひでたけ

作家紹介

安藤日出武 あんどう ひでたけ

肩書きなど 美濃陶芸協会副会長、日本工芸会正会員
 紹介文

岐阜県で生まれた陶芸家です。
多治見市で窯元をやっている3代目として家業を継ぎました。
父親は焼き物をするよりも、書をたしなんだり漢詩を作ったりするのが好きで、陶芸技術は磁器の基礎しか教わりませんでした。
そのため、当初は当たり前のようにただ仕事をこなすだけの作業を繰り返すことに嫌気がさしていました。
ある日、加藤唐九朗が父親を訪ねて来ました。
それ以来、父親と加藤唐九郎の友好が深まり、加藤唐九郎からアドバイスを受けたことがきっかけで陶芸作家としての道を歩む事を決意しました。
それからは桃山時代の黄瀬戸を基本にして、自分なりの黄瀬戸を桃山時代の穴窯で本来の黄瀬戸とは違う作品を生み出したいと考えるようになり、独学で山へ土を探しに行き、窯の研究を行いました。
こうして、桃山時代の美濃焼をベースにダイナミックな造形と鮮やかな釉色によって独自の作風を確立し、様々な展覧会などに作品を出品するなど、活躍を示しました。

略歴

1963年 第1回朝日陶芸展で初入選する
1964年 第11回日本伝統工芸展で初入選する
1970年 第8回朝日陶芸展で知事賞を受賞する
日本万国博覧会生活産業館に出展する
1971年 第1回日本陶芸展で初入選する
1973年 第11回朝日陶芸展で奨励賞を受賞する
1974年 日本工芸会正会員となる
1975年 第1回中日交際陶芸展で初入選する
1987年 フルート奏者小出信也氏と穴窯にて

      コンサートを開く
1990年 第8回幸兵衛賞を受賞する
1992年 多治見市文化芸術功労賞を受賞する
1993年 美濃陶芸永年保存作品に「古美濃大壷」が

      指定される
1997年 NHKで番組が放送される
1998年 美濃陶芸庄六賞茶碗展で大賞を受賞する
多治見市無形文化財保持者に認定される
2002年 岐阜新聞大賞で文化賞を受賞する
2003年 岐阜県重要無形文化財保持者に認定される
2011年 岐阜県文化功労者表彰を受ける
2012年 松坂屋名古屋展で個展を開催

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.