骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»宮之原謙 みやのはら けん

作家紹介

宮之原謙 みやのはら けん

肩書きなど 日展評議員、日展理事、東陶会会長
 紹介文 鹿児島県で生まれた陶芸家です。
建築家を志し、早稲田大学工学部建築科に入学しましたが、病に倒れ中退することになりました。
病気によって失われた体力を回復させるために父の勧めで陶芸を始める事にしました。
2代・宮川香山、板谷波山に師事して陶芸を学び、独立して自宅に自己流の窯を築いて陶芸家として活動を始めます。
東陶会や帝展を中心に活躍し、彩磁や象嵌の技法を駆使して高い評価を受けています。
晩年は、陶芸研究のため世界各地を巡りました。
略歴

1898年 鹿児島県で生まれる
1922年 山内多門に日本画を、川端画学校で

      洋画を学ぶ
1923年 2代・宮川香山に師事する
      インド哲学を岡倉由三郎に学ぶ
1927年 東陶会に参加する
1928年 第15回商工省工芸展に初出品する
1929年 第10回帝展で初入選する
1931年 帝展で特選を受賞する
1940年 板谷波山に師事する
1945年 空襲により自宅と工房が全焼する
1949年 松戸市に転居し、自宅の庭に窯を築く
1955年 光風会会員となる
1957年 日本芸術院賞を受賞する
1963年 東陶会会長となる
1965年 中近東諸国を巡る
1977年 8月23日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.