骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»藤本能道 ふじもと よしみち

作家紹介

藤本能道 ふじもと よしみち

肩書きなど 人間国宝、日本工芸会正会員、日本工芸会常任理事、日本陶磁協会理事、東京国立近代美術館評議員、東京藝術大学学部長、走泥社会員、モダンアート協会会員理事、日本デザイナークラフトマン協会会員、新匠美術工芸協会会員、紺綬褒章、勲二等旭日重光章
 紹介文 東京都で生まれた陶芸家です。
幼い頃に父親を亡くし、厳格な祖父に育てられました。
陶芸家を志しますが、祖父の反対によって図案科へと進学することになりました。
創業後は、文部省の技術講習所に勤務し、富本憲吉の助手を務めながら制作活動を続けました。
一時はモダンアートやオブジェ的な作品を制作しますが、日本画家以上の描写力をいかした絵付け作品を制作するようになります。
鉄釉彩、赤絵の研究を勧め、焼成前に色釉を施す「釉描加彩」といった独自の技法を生み出し、色絵磁器の人間国宝に認定されました。
略歴

1919年 東京都で生まれる
1941年 東京美術学校工芸図案部を卒業する
      文部省技術講習所に入所する
1942年 加藤土師萌に陶芸を学ぶ
1943年 講習所を修了し、同署嘱託として勤務する
1944年 富本憲吉の助手をつとめる
1946年 松風研究所の輸出陶磁器デザイナーとなる
1947年 新匠美術工芸会に参加する
1950年 鹿児島で薩摩焼の指導を行う
1956年 京都市立美術大学講師となる
      日本陶磁協会賞を受賞する
1957年 走泥社に参加する
1958年 モダンアート協会会員となる
1963年 日本陶磁強化、日本デザイナークラフトマン

      協会に参加する
1964年 第11回日本伝統工芸展で初入選する
1965年 ジュネーブ国際陶芸展で銀賞を受賞する
1966年 日本工芸会正会員となる
1970年 東京芸術大学教授となる
1981年 日本陶磁協会賞で金賞を受賞する
      紺綬褒章を受章する
1984年 日本陶磁協会理事となる
1985年 東京藝術大学学長となる
1986年 人間国宝となる
1991年 勲二等旭日重光章を受章する
1992年 5月16日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.