骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»3代 徳田八十吉 とくだ やそきち

作家紹介

3代 徳田八十吉 とくだ やそきち

肩書きなど 本名は正彦
号は柳雨軒
人間国宝、日本工芸会正会員、日本工芸会理事、一水会会員、石川県指定重要無形文化財、紫綬褒章
 紹介文 石川県で生まれた陶芸家です。
2代・徳田八十吉の長男として生まれ、彩釉磁気で人間国宝に認定されている作家です。
大学を中退して陶芸の世界に入り、初代と2代に師事して技を磨きました。
初代の上絵付けの技法を基本とし、研究を重ねて完成させた釉薬と窯変で作られた幻想的な発色の作品を制作しています。
この特徴ある色は国内だけではなく、海外でも高い評価を受けています。
略歴

1933年 石川県で生まれる
1954年 金沢美術工芸大学を中退する
      初代、2代に師事する
1966年 一水会委員をつとめる
1971年 第18回日本伝統工芸展で優秀賞

      NHK会長賞を受賞する
1972年 日本工芸会正会員となる
1977年 第24回日本伝統工芸展で

      日本工芸会総裁賞を受賞する
1979年 日本伝統工芸展で鑑査員をつとめる
1984年 日本伝統工芸展に出品し、

      作品が文化庁買上げとなる
1985年 北国文化賞を受賞する
1986年 日本陶磁協会賞を受賞する
      石川県指定重要無形文化財となる
      日本伝統工芸展で重要無形文化財

      資格保持者選賞を受賞する
1988年 3代・徳田八十吉を襲名する
1990年 国際陶芸展でグランプリ小松市文化賞を

      受賞する
1991年 第11回日本陶芸展で大賞・秩父宮賜杯を

      受賞する
1992年 日本伝統工芸展監査主任・審査員、

      一水会陶芸部運営委員をつとめる
1993年 紫綬褒章を受章する
      大英博物館、スミソニアン・サックラー

      美術館に作品が収蔵される
1994年 日本工芸会理事となる
1996年 石川県陶芸協会会長となる
1997年 人間国宝となる
      MOA岡田茂吉賞大賞を受賞する
1998年 メトロポリタン美術館に作品が収蔵される
2005年 九谷焼技術保存会会長となる
2009年 8月26日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.