骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»6代 清水六兵衛 しみず ろくべえ

作家紹介

6代 清水六兵衛 しみず ろくべえ

肩書きなど 本名は正太郎
別号は禄晴
日本芸術院会員、日展会員、京都市立美術大学教授、文化功労者
 紹介文 京都府で生まれた陶芸家です。
5代清水六兵衛の長男として生まれ、幼い頃から陶芸に親しみ育ちました。
京都美術学校、絵画専門学校に学び、日展を中心に数々の賞を受賞しています。
始めは清水家伝統の作風で制作をしていましたが、襲名後は球体に近い形状の作品に釉薬が流れる躍動感ある「三彩流泑」や金銀彩を用いた「玄窯」などといった新技法で自身の作風を確立しました。
京都清水焼の復興と日展の発展に尽力し、京都陶芸クラブを結成し、京都市立美術学校の教授をつとめるなど後進の指導に尽力しました。
略歴 1901年 京都府で生まれる
1920年 京都市立美術工芸学校絵画科を卒業する
1923年 京都市立絵画専門学校を卒業する
1931年 帝展で特選を受賞する
1934年 帝展で特選を受賞する
1945年 6代清水六兵衛を襲名する
1948年 京都陶芸家クラブを結成する
1956年 日本芸術院賞を受賞する
1959年 オステンド国際陶芸展でグランプリを受賞する
1962年 日本芸術院会員となる
1976年 文化功労者となる
1980年 8月1日逝去
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.