骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»作家紹介»2代 前田竹房斎 まえだ ちくぼうさい

作家紹介

2代 前田竹房斎 まえだ ちくぼうさい

肩書きなど 本名は房次
2代 前田竹房斎
人間国宝、日本工芸会正会員、日本伝統工芸会参与、大阪府工芸協会理事、堺市美術協会委員
 紹介文 大阪府で生まれた工芸家です。
竹工芸で人間国宝に認定されている作家です。
父親は竹の地下茎の曲がりなど、自然の竹の形を生かしたいわゆる「堺手」の名工初代・竹房斎で、幼い頃から竹工芸の中で育ちました。
父に弟子入りすると竹割などの下職から修行を始めますが、戦争や父が病に倒れるなど、父の技の全てを学ぶことができず、独力で技術を磨きました。
繊細な編みを重ね、造形は大胆な作品をつくり、日本伝統工芸展などに出品します。
戦後はデモクラシーの影響もあり、壁画装飾やオブジェといった工芸の枠を超えた作品を発表し、注目を浴びました。
略歴

1917年 大阪府で生まれる
1952年 2代・前田竹房斎を襲名する
1959年 日本伝統工芸展で東京都教育委員会賞を

      受賞する
1995年 人間国宝に認定される
2003年 3月12日逝去

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.