骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»マイセン バカラ リヤドロ»ロイヤルドルトン フィギュリン ウェルシュテリア

買取実績紹介

ロイヤルドルトン フィギュリン ウェルシュテリア

ロイヤルドルトン


創設者のジョン・ドルトンは、ビジネスパートナーだったジョン・ワットやマーサ・ジョーンズから共同出資を受けて、1815年にドルトンという?器を製作する会社を起ち上げます。

その後、創設者のジョン・ドルトンの息子である二代目のヘンリー・ドルトンが会社を引継ぎます。

ヘンリー・ドルトンは、物造りというよりは勉強に励む文学青年でしたが、何でも学問的に考える姿勢が良い方向へ向かい、エナメル陶器の開発や当時のイギリスで産業革命の成果の1つとされていた蒸気機関を轆轤に応用した事でドルトンは大きな発展を遂げました。


蒸気機関を取り入れた事で生産の効率を上げる事にも成功し、その後洗面器や便器などの日用品を作りロンドンで成功すると、現在ロイヤルドルトンの本社があるバースレムに窯を移し、芸術的な美しさが特徴のボーンチャイナでテーブルウェアの製作を始めます。

この作品がきっかけとなり、1887年にヴィクトリア女王から陶磁器界初となるナイトの称号を与えられ、1901年にはエドワード7世よりロイヤルの称号が与えられました。

エドワード7世から与えられたロイヤルの称号を会社名に付け加え、現在のロイヤルドルトンという名前に変わりました。



ウェルシュテリアのフィギュリンについて


今回お買取りしたロイヤルドルトンのフィギュリンは、ウェルシュテリアをモチーフにして作られた作品です。

ウェルシュテリアは、イギリスのウェールズで生まれた犬で、クルクルとしたくせ毛に細長い長方形のような顔、長い足が特徴です。

また、古くから獲物を追いかける猟犬として飼われていたウェルシュテリアは、とても活発で好奇心が旺盛な犬と言われています。

今回お買取りしたお品物は、そんな可愛らしいウェルシュテリアの毛並や毛色、細長い顔に長い足など全て忠実に再現されています。

置物なので足裏に若干スレなどが見られたものの、カケや傷などもなくとても良い状態でのお買取りとなりました。




ロイヤルドルトンの買取について


今回お買取りしたのはウェルシュテリアのフィギュリンですが、他にもロイヤルドルトンの陶花や、女性をモチーフとしたフィギュリンもお買取りしております。

また、ロイヤルドルトンで作られた洋食器などもお買取りの対象となっておりますので、ご売却お考えのロイヤルドルトンのお品物などございましたら是非いわの美術までお問い合わせ下さい。

お問い合わせは、メール、LINE、電話で受け付けております。

お品物のブランドやシリーズなど詳細がわかる場合は、お電話でのお問い合わせでも大丈夫ですが、ご家族のお品物で全く内容がわからない場合はメールやLINEでお品物のお写真を撮って弊社までお送り頂けますと詳しく査定額がお出し出来ますのでオススメです。



いわの美術では、今回ご紹介したロイヤルドルトンのお品物以外でもマイセンやコペンハーゲン、ヘレンドなどの洋食器もお買取りしております。

また、お茶道具、絵画、掛軸、甲冑、日本刀、パイプ、洋酒、仏像など幅広くお買取りしておりますので、蔵の整理、家の解体、事務所移転、遺品整理などでご売却お考えのお品物などございましたら、是非一度いわの美術までご相談下さい。


〜ロイヤルドルトンのお買取りについてはこちらへ〜

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2018 Iwano Art. All Rights Reserved.